それぞれの市の特徴

埼玉県蕨市では、国内最小というコンパクトな市域に於ける生活面の利便性を活かして、 地域ぐるみの子育て支援が行なわれているのが特徴的です。 また、中学校を卒業するまでの子どもに対する医療費の助成は、子育て中の家庭に於ける経済的負担の軽減に貢献しています。 次に、戸田市では、妊娠中から、出産後1年未満の妊産婦を対象として、ヘルパーの派遣が行なわれています。

こちらの事業は、産前産後の母親が抱える育児ストレスの軽減を目的としたもので、 市によって利用料金の一部が助成されます。また、市内には、子育て支援を行なう17か所の拠点があり、 アドバイザーが常駐して、育児に関する相談サービスを提供しています。 そして、子育てを行なう親同士が交流する機会も設けられています。 続いて、鳩ケ谷市では、駅地下に設けられている広場で、就園前までの児童とその保護者を対象に、 交流会や講習会が開催されています。

こちらは、親子で自由に遊ぶことのできるイベントとして、人気があります。 次に、県の中央部に位置する鴻巣市では、中学校を卒業するまでの子どもの医療費を助成するなど、 さまざまな子育て支援事業を推進しています。 例えば、親子が集まる児童センターや子育て支援センターなどの整備が行なわれています。

メインメニュー