鴻巣市などの取り組み

県央部の鴻巣市は、中学生までの医療費助成など、さまざまな子育て支援が行なわれている行政区になります。 例えば、児童センターや子育て支援センター、子育てサロン、赤ちゃんの駅が整備されています。 これから先は、小学校に入る前の5歳児を対象とした健康診断や、 親子で絵本を読みながら触れ合いの機会を持つための事業に注力することを予定しています。

次に、とりわけ共働きの世帯には、子育て関連の講座を受けたいという気持ちはあっても、 ウィークデーに参加することが難しいという問題のあるところが多く見受けられます。 そのような悩みを抱える妊婦と、そのパートナーを対象として、上尾市では、土日に沐浴や育児などの講座を開いています。 また、生後6〜9か月の乳児を対象として開催されている育児教室もあります。

そして、親子の遊びや救急処置、離乳食などをテーマとした講座が、毎月開かれています。 続いて、桶川市には、子育てを支援するための取り組みとして、3人乗り自転車の購入費用を助成するシステムがあります。 こちらは、3万円を限度額として、購入金額の半分が助成されるという制度です。 また、就学するための資金を援助するためのシステムも存在します。

メインメニュー