桶川市などでの支援

桶川市では、3人乗り自転車購入費の助成に加えて、 高校や大学、専門学校、高等専修学校へ入学するための準備金として、資金の貸し付けを行なう制度もあります。 また、市内にある子育て支援センターでは、日替わりで育児関連の講座が開かれています。 その他にも、市内には、子育て支援を行なう5か所の拠点、児童館などもあちこちに存在します。 次に、久喜市には、第3子以降の子どもが生まれた場合に、出産祝い金が支給されるシステムがあります。

また、小学校卒業年齢までの子どもの通院、中学校卒業年齢までの子どもの入院に際して、 医療費の一部を助成してもらうことが可能になります。 そして、市内にある指定医療機関で診療を受けると、一定の金額未満であれば、 窓口の支払いをする必要がないというシステムも存在します。

続いて、川越市では、妊婦もしくは中学生までの子どもがいる世帯を対象とした支援サービスとして、 ショップなどの割引特典があります。こちらの事業に、市内では540軒の店舗が協賛しています。 また、市内にある125か所の指定駅では、授乳やおむつ替えをすることができます。 こちらの駅を利用すれば、乳幼児と一緒に安心して外出することが可能になります。

メインメニュー